【海外記事翻訳】台湾の音楽雑誌でのBABYMETALインタビュー記事

公開日: : 海外の反応, 画像, 芸能 , ,

台湾・香港・中国で販売されている音楽雑誌「ROCKZINE」でBABYMETALが取り上げられた時のインタビュー記事を英訳して下さっている方がいたので、翻訳してみました。
二重翻訳の上、管理人の独断と偏見で口語っぽくしてるので、オリジナルの中国語の記事とは異なる部分もあるかもしれませんが、大まかな意味は合っていると信じたいです。
また、翻訳はネットで閲覧可能なプレビュー部分のみで、BABYMETALの記事全文ではないようです。

プレビューはこちら→http://issuu.com/rakumusic/docs/rockzine_vol3_preview

【海外記事翻訳】台湾の音楽雑誌”ROCKZINE”でのBABYMETALインタビュー記事

・ベビーメタルは昨日初めて来台しました。台湾の印象はどうですか?

SU-METAL:まず初めに空港でたくさんのファンの方たちが出迎えてくれました、スタッフさんも皆優しくて親切でした、食べものも美味しくて、たくさん食べちゃったからすごくお腹いっぱいです(笑)

インタビュアー:何を食べたんですか?

SU-METAL:小籠包とタピオカミルクティーです。

MOAMETAL:実は私は去年の夏にも台湾に来たんですけど、台湾は温かくもてなしてくれる国で、たくさんの食べものを食べて、すごく楽しく過ごしました。

YUIMETAL:昨日ベビーメタルのファンの人たちが、私たちを出迎えるために空港に集まってくれて、すごく嬉しかったです。あと日本と台湾の違いは、台湾ではたくさんバイクが走ってることと、あと信号機でちっちゃな男の人が走っててだんだん速くなっていくことです、そういうのが新鮮に感じました、それから今夜のコンサートも楽しみです。

(※台湾の歩行者用信号)

 

・今夜が初めての台湾ライブで、ChthoniC(※台湾のブラックメタル・バンド)と共演しますが、どんな気持ちですか?

SU-METAL:去年の10月に、日本のラウドパークでChthoniCのメインヴォーカルの方と初めてお会いしたんです。その時に、もし一緒にライブできたら凄いよねって話してて、台湾に呼んで下さいってお願いしたんですけど、意外にも実現しちゃいましたね(笑)
コンサートの最後にメギツネを一緒にやる予定なんですけど、ChthoniCさんのパフォーマンスはすごく豪快で、本物のメタルヴォーカルなので、一緒にやることができてとても嬉しいです。

 

・一緒にやる曲になぜこの曲を選んだのですか?

MOAMETAL:すべてはキツネ様のお告げです(笑)

 

・このChthoniCというバンドについてはどう思いますか?

MOAMETAL:ChthoniCさんには女性のメンバーがいて、こんな可愛い女の人がメタルの歌を作ってるってことを知って感動しました。たった今SU-METALがデスボイスについて話しましたけど、ベビーメタルの曲にはそういうのはないので、今夜私たちのパフォーマンスと合うのか心配です。

SU-METAL:言葉の壁はあっても、お互いコミュニケーションはとれるので、大きな距離は感じませんでした。

 

・みなさんはどのようにしてメタルというジャンルをやり始めたんですか?

SU-METAL:実は私たちはベビーメタルを結成するまで、メタルというジャンルを聞いたことがなかったんです、メタルをやるよって決まってからメタルを知り始めたんです。

 

・ベビーメタルはメタリカの映画のプロモーションビデオの撮影もしましたよね?

SU-METAL:初めてメタリカさんのCDを聴いた時は実はよく分からなくて、ただ本当に激しい音楽だなって思いました。メタリカさんのパフォーマンスを大きなスクリーンで見てやっと、オーラを放ってて本当に神みたいだなって思ったんです。本当に忘れられないパフォーマンスです。

 

・ベビーメタルのダンスやパフォーマンスは他のアイドルグループとは違うように見えます。メタルなのでたくさんの激しいパフォーマンスがあると思います。練習やライブをする時に何か難しいことはありますか?

YUIMETAL:前はヘドバンした時には首が筋肉痛になってました、でも今では筋肉が慣れたみたいで、大丈夫です。

 

・ベビーメタルはすでにたくさんの音楽フェスに出演してきましたが、体験談を聞かせてもらえますか?

SU-METAL:初めはメタルやロックというジャンルはあまりよく分からなかったんですけど、たくさんのライブやフェスイベントを通じて多くの経験を得ることができました。すごく感謝しています。

 

・ベビーメタルのパフォーマンスは2種類に分類することができると思います、一つはダンスに特徴のあるBABYBONE、そしてもう一つはプロのメタルミュージシャンで結成された神バンド、彼らとパフォーマンスする時の気持ちの違いは何ですか?

MOAMETAL:BABYBONEも神バンドも、とても強力なサポートで援護してくれて、私たちを安心させてくれます。BABYBONEはお客さんを盛り上げていい雰囲気を作るのを手伝ってくれて、神バンドの方は最強の音楽パフォーマンスで盛り上がりを倍増させてくれるんです。

 

・ベビーメタルは”BABYMETAL”というタイトルのニューアルバムをリリースしますね。アルバムの紹介をお願いします。

SU-METAL:このアルバムは私たちの名刺みたいなもので、ベビーメタルの名曲が全部入っています。ベビーメタルに興味を持って下さった方々にベビーメタルって何なのかを理解してもらえるようなアルバムです。

 

・このアルバムの中でお気に入りの曲、もしくはオススメの曲はどれですか?

YUIMETAL:このアルバムの全部の曲を聴いてくれたらいいなって思います。もしかしたら外国の方にはちょっと難しいかも知れないけど、もしこのアルバムを全曲聴いてくれたら、ベビーメタルのコンサートを見る時に絶対に満足してもらえると思います。

SU-METAL:“イジメ、ダメ、ゼッタイ”っていう、アルバムの最後に入ってる曲をオススメしたいですね。以前からライブでやってきた曲で、多分ちょっとアイドルっぽい感じも入ってるんですけど、この曲との出会いが私たちのメタルの始まりだと思います。
ライブで歌うたびにだんだんうまくできるようになっていって、どのお客さんともいい思い出を作ることができました。以前シンガポールで単独コンサートをしたんですけど、お客さんのリアクションが日本と全く同じで、この曲を歌うと触れ合いを感じるんです。
私たちが「イジメ、ダメ!!」って歌うと、シンガポールのライブのみなさんが一緒にジャンプしてくれて、一体感でいっぱいでした。だからこの曲が好きなんです。

MOAMETAL: 私は”4の歌”を皆さんに聴いて欲しいです。

(プレビューおしまい)

翻訳元:http://goo.gl/rv0ajI

スポンサーリンク

【この記事をシェアする↓】
  • follow us in feedly