【海外の反応】新幹線に対する外国人の反応

公開日: : テクノロジー, 動画, 文化, 海外の反応


 

【海外の反応】新幹線に対する外国人の反応

・私は電車が大好きなんだ!
新幹線はとても先進的なルックスだね。
ありがとう!

 

・有名な新幹線だ!ヨーロッパにも高速列車はあるけど、新幹線ほど時間に正確じゃないし、車内の清潔さにも感銘をうけたよ。

 

・内装が飛行機みたいだね。

 

・(新幹線に乗ったなんて)嫉妬に狂っちゃうよ。
イギリスにもオリンピックのために、フォークストーン行きのHS1線に沿って、セント・パンクラス駅からストラトフォード国際駅(オリンピック公園)の間で運行していた新幹線っぽいサービス(ジャベリンっていう名称)があったんだけど、7分間しか走行しなかったし時速160キロも出ていなかったと思うよ。

オリンピックジャベリン(Olympic Javelin)とは2012年開催のロンドンオリンピック招致で発表された高速列車のシャトルサービス計画である。この計画は、2012年に開催される夏のオリンピックの招致で国際オリンピック委員会が貧弱と考えているロンドンの公共交通輸送機関を改善する重要な部分である。
引用元:wikipedia

 

・11歳くらいの頃日本に行った時に、窓の外を走る新幹線を見てちょっと眩暈がしたのを覚えてるよ。
めっちゃ速かった!

 

・2027年に超電導磁石を用いた新しいリニア高速鉄道ができるのを待ってるよ。

 

・新幹線が恋しいよ。(1月中に2週間日本に滞在して、ものすごくまた行きたい)

 

・新幹線ってものすごく長いんだね。

 

・うちの国の高速列車とあまり変わらないね、長さを除けばね!
新幹線は恐ろしく長いね!

 

・みんな、ICEもTGVもそれぞれ優れた高速列車だ。争うのはやめよう。

ICE(Intercity-Express)は、ドイツを中心に運行されているヨーロッパの高速列車である。また、ドイツ鉄道の旅客列車における最上位の列車種別であり、インターシティの上位にあたる。
引用元:wikipedia-ICE

 
TGV(発音はテジェヴェ、仏語)は、フランス国鉄 (SNCF) が運行する高速鉄道の車両、およびそれの運行形態。名称の「TGV」は高速列車を意味するフランス語「Train à Grande Vitesse」にちなむ(trainは列車、grandeは大きい、vitesseは速度を意味する)。
引用元:wikipedia-TGV

 

・くっそ長い列車だね。
8両目で「お、おう・・・」ってなって、12両目で「うっはぁ・・・」ってなって15両目で「なんじゃこりゃあ???」ってなったよ。

 

・形状とスピードがなんだか蛇を思い出させるね。

 

・あのトイレの洗浄はマジでパワフルだね。テニスボールもすぐに流れちゃうだろうね。

 

・トイレのシーンで爆笑したよ。
私の国の急行列車は時速150キロまでしか出ないよ。
いつの日か新幹線に乗れたらいいなぁ。

 

・はやっ!誰か流す前にトイレに頭を入れてみてよ。そしたらすぐに俺に教えてくれ。
待てよ・・・そんなことしたら多分教えることができなくなるかも・・・

 

・2010年に京都と大阪を訪れた時に新幹線に乗ったんだけど、普通の電車とは全然違ったよ。
電車じゃなくて飛行機に乗ってるみたいな感じ。
トイレには私も驚いたよ。

 

・俺が死ぬ前にアメリカにもいくつか高速鉄道が導入されたらいいな。

 

・日本は最近、超電導リニアの走行テストで603km/hの最高速度を記録した。
高速鉄道技術において日本は未だ世界一だよ。
乗客が撮った動画をYoutubeで見るのが大好きなんだ。

JR東海は26日、山梨県の山梨リニア実験線(総延長42.8キロ)で4月21日の高速走行試験時にリニア車両「L0系」が記録した時速603キロが、鉄道としての有人走行の世界最高速度としてギネスブックに認定されたと発表した。
引用元:産経ニュース

 

・私は自分の国がジャカルタとバンドンを結ぶ初の高速鉄道建設で、日本の新幹線じゃなくて中国のHSRを選んだことに混乱してるよ。中国製列車の安全性が心配だ。

インドネシア・ジャワ島の高速鉄道計画をめぐる日本と中国の受注合戦は、土壇場で中国案の採用が決定し、日本の敗北で幕を閉じた。高速鉄道計画を白紙にするという発表から間もないインドネシアの変節。日本が非難したところで、既に後の祭り。今回の顛末は信義も捨て去る国際社会の現実を示した形だが、中国案の実現性は怪しく、数年後に第2幕が上がる可能性がある。
引用元:産経ニュース

 

・日本の技術ってすげぇな!!!!!

 

・新幹線は間違いなく世界最高の列車だよ。

 

・ひとたびこの技術がアメリカで実証されれば、より早く、より安く、より安全に、そしてより地球に優しく、生活様式が全面的に変化するだろうね。
ちょうどアメリカが地下鉄や路面電車でそうなった時みたいにね。

 

・わぁ、これは素晴らしいね。僕は本当に新幹線で鉄道の旅に出てみたいんだ!

 

・あーあ、イリノイ州にもこんな列車があればなぁ。高速列車は東海岸や西海岸が計画してるよ・・・。

カリフォルニア高速鉄道(カリフォルニアこうそくてつどう、英語: California High-Speed Rail)はアメリカ合衆国カリフォルニア州において将来予定されている高速鉄道システムのことで、カリフォルニア州高速鉄道局 (CHSRA: California High-Speed Rail Authority) が推進している。このプロジェクトに99億5000万ドルを投じることを認める提案1A (Proposition 1A) が2008年11月4日にカリフォルニア州の州民投票で通過したことにより承認された。CHSRAは現在最終的な計画・設計・環境保全対策を完成させる任務に当たっている。建設されると、最高220 マイル毎時(350 km/h)の高速列車がサンフランシスコとロサンゼルスを2時間半で結ぶと予想されている。計画されている鉄道は他のカリフォルニア州の主な都市、サクラメント・サンノゼ・フレズノ・サンディエゴなども結ぶ予定である。路線長は700 マイル以上(1,100 キロメートル以上)と提案されている[1]。CHSRAの見積もりによれば、年間利用者は9100万人から9500万人とされている。
引用元:wikipedia

 

・インド人達はこんな猛獣の屋根に乗れるように頑張れよ。

参考動画:インドの電車

翻訳元:https://goo.gl/oBlOvi https://goo.gl/jWmbQ4

スポンサーリンク

【この記事をシェアする↓】
  • follow us in feedly