【海外の反応】2人目のアメリカ人エボラ感染者が帰国 特別隔離施設へ

公開日: : ニュース, 海外の反応


 


【8月6日 AFP】西アフリカで猛威を振るっている致死率の高いエボラ出血熱に感染した米国人女性が5日、治療のため米国に到着した。同じくエボラ熱にかかった米国人医師も数日前に、西アフリカを出て米国に戻っている。

 救急用小型機で軍の飛行場に到着したのは、ナンシー・ライトボル(Nancy Writebol)さん(60)。ライトボルさんはその後、救急車でエモリー大学病院(Emory University Hospital)に搬送された。

ライトボルさんが所属しているキリスト教系支援団体「SIM」米国支部のブルース・ジョンソン(Bruce Johnson)代表は、「ナンシーは今も非常に衰弱しているが、継続して緩やかな回復を見せて」おり、「症状改善の兆候を示し、快方に向かっている」と伝えた。

引用元:AFPBB News
全文はこちら↓
http://www.afpbb.com/articles/-/3022379

【海外の反応】2人目のアメリカ人エボラ出血熱感染者が帰国 特別隔離施設へ

・この2人の援助活動家についてはあまり心配していないよ。アメリカにエボラが広がらないように、最高に厳重な状態の下隔離されたからね。エモリー大学病院はウイルスを食い止めることができるよ。
飛行機での旅行者がエボラウイルスをアフリカから持ち帰ってくることの方が心配だ。

 

・誰かアトランタでこの女性に何ができるのか説明してくれないか?モンロビアやヨハネスブルグでは無理なのか?

>>最先端の技術や医療が受けられるんだと思うよ。同じ理由で治療を受けにサウジの王族がアメリカに来ることもあるしね。

 

・彼女たちが無事だとわかったのはいいけど、いくつか懸念があるよ。なぜエボラ出血熱感染者をアメリカに連れてきたんだ?アフリカに施設を建てることができたんじゃないの?そして彼女たちはどうやって感染したんだ?

>>アフリカに施設を建設するのにどれほど時間がかかるか考えろ。

 

・どのようにエボラが豚から猿に伝染したのかという2012年のカナダの公衆衛生研究データや、空気感染の予防策を載せているCDC(アメリカ疾病予防管理センター)のウェブサイトを調べてみてくれ。

 

・間もなく、アメリカでの感染者数が増加していくだろうな。

 

・現段階では、アフリカから帰国するアメリカ人に対して30日間の隔離期間を設けるのが適切な考えだろう。そしてアフリカからはアメリカ人以外は入国させないようにしよう。エボラは不治の病だ。連邦議会議員に強く要求しよう。それが行動を起こさせる唯一の方法だ。

 

・軽率な行動でエボラウイルスをアメリカに持ち帰ってくるのはやめてくれ。

 

・我々アメリカ人たちは国民を置き去りにしたりしない。アメリカ人の同胞たちが外国の地で亡くなるのは心が痛むよ。

>>アメリカ政府は長年、置き去りにしてきたよ。戦争ってやつでね。ベトナム戦争を覚えてるか?

 

・オバマが受け入れようとしている不法移民はスクリーン検査されていない。オバマはまた別の方法でアメリカをぶち壊そうとしているよ。

 

・パニック状態のアホになるのはやめよう。アメリカ国民の今回の件のような出来事に対しての反応の仕方はみっともないよ。

 

・単刀直入に言わせてもらうと、致死率の高いエボラに感染した人をアメリカに連れ帰るのに200万ドルを払うことはできるのに、オバマは若い女性の命を救うための治療には30万ドルすら払おうとしない。めちゃくちゃな考え方だよ。

>>記事をよく読めよ。これらの資金は慈善団体が提供したもので、政府が支払ったんじゃないよ。

 

・隕石か地震の方が良かったな。こんなの俺の望む世界の終り方じゃないよ!

 

・エボラかオバマか、どっちがこの国にとってより危険な存在か分からないよ。俺はオバマだと思う。なぜ感染地域で治療しないんだ?どうしてアメリカで治療する必要があったんだ?昔、感染した猿がアメリカに居たことは知ってるけど、なぜ今なんだ?

 

・彼女は”善良なる神”を説き勧めているのに、その”善良なる神”は彼女に地球上で最悪の病の一つを与えるなんて、かなりの皮肉だね。
幼い子供たちをクリスチャンになるように洗脳する大人には全く同情できないなぁ。

 

・エボラがどうやって感染するのか知ってるのか?接触感染だよ。感染したかわいそうな人たちに対してあまり薄情になるのはやめよう。

 

・これは全て大金を稼ぐための大手製薬会社の陰謀だ。彼らはすでにモルモットに実験薬を投与しているよ。

 

・エボラはHIVよりもかなり簡単にうつってしまうのに、医師は人々にエボラがまん延することはないと信じさせようとしている。馬鹿げた話だ。

 

・あなたの町にも迫って来ているかもしれない。

 

・重大な懸念は、誰がこの2人の医療管理の専門家たちに病気をうつしたのかが分からないってことだ。彼らは両手に手袋をし、頭のてっぺんからつま先までスーツを着て、袖をテープで塞いでいた。マスクとゴーグルをつけ、防護服を脱ぐ前には30分以上は消毒をしていただろう。
どうやってこの医師や看護師に病気がうつったんだ?

 

・俺はこの陰謀の裏にはカルト宗教が潜んでいると思う。徹底的な調査が必要だ。

 

・壊れた下水管のように不法入国者が国に流れ込むことを許可する政府に、何を期待しているんだ??結核とエボラを同時に患うことほどひどいことはない。オバマケアが始動する前に、我々は肺をやられ、穴という穴から流血してしまうよ!なんて政府だ!

 

・オバマは前例のないサミットを開くために50人近くのアフリカの首脳をワシントンに招く予定だぞ。さらなるエボラ感染が進行中だ。

 

・感染国は航空交通を停止させるべきだよ。そしてアメリカ連邦航空局はアフリカへの往来を停止するべきだ。WHO(世界保健機関)はエボラの潜伏期間が2日から21日だという報告書を出している。なのに乗客にその場で症状があらわれていなければ、帰宅してもいいだって?恐ろしい考えだよ。

 

・オバマケアはエボラにも適用されるのか?

 

・もはやテロじゃアメリカ国民を十分に怖がらせることはできないみたいだから、政府はエボラを持ちださなきゃならないんだな。

 

・蚊を通して感染することもあるの?

>>ないよ。けど蚊は、デング熱、ラッサ熱、黄熱など、本当にひどい病の宿主となるね。これらの病気は全部、治療法が無く、死に至ることもある病気だ。

>>何を根拠に蚊がエボラを媒介しないと言ってるの?病原菌は蚊の脚や針でも生き続けるよ。ググってみ。

 

・彼らが生存して、二度と現地に行かないことを願うよ。もうこの大陸にエボラの症例を持ちこまないでくれ。

 

・今は我々の大統領の言うことは信じられないな・・・。彼はアフリカを激励しようとしているだけだ。

 

・この2人は勇敢で思いやりのある人たちだ。もっと多くのアメリカ人が彼らのようだったらいいなと思うよ。そうすれば皆がもっと幸せになれるだろう。

 

・主要メディアの報道することを額面通りに受け取ってはダメだ。扇情的な記事に影響されることなく、自分で調べよう。

翻訳元:http://goo.gl/FaFGxi

スポンサーリンク

【この記事をシェアする↓】
  • follow us in feedly